子供脱毛症|女性の治療・質問なら薄毛脱毛症の治療.com

子供脱毛症の特徴

近年は子供の脱毛症が非常に多くなっています。小児円形脱毛症などがその典型で、医学的には「小児」と言っても、およそ1歳から15歳までと言われています。

子供の脱毛症は いわゆる悪性/進行性のものである事が多く、早期に理学育毛・発毛の処置をしなければ全頭的に脱毛する怖れのあるものばかりです。特に1歳など、小さくなるほど発見が遅れ、難治性になる可能性があります。

子どもの脱毛症の原因については諸説あります。まず生活習慣。夜型生活や偏食、ジャンクフードなどの乱れた食生活から脱毛体質、癌体質といわれる低体温体質になっています。子供の平熱はおよそ36~37度。それに対し、低体温症は34~35度となっており、その異常性がうかがえます。

1歳などでは食生活の乱れが見られない為、免疫性によるとする説もあります。免疫機能が毛髪に対して誤った認識をしてしまい、攻撃するため、脱毛が発生するというものです。実際に、脱毛箇所の細胞にはリンパが通常よりも発生しているというデータや、アトピー性のこどもほど脱毛が多いとするデータが実際に存在します。

ストレスに関しても、関係がないと切り捨てるわけにもいきません。特に子供の場合、学校で奇異の目で見られることが多くなり、心身への負荷は大人のそれよりもはるかに高いかもしれないのです。細かくメンタルケアを行う事、治療中に子供用のウィッグを与えてあげる事も検討してください。

治療法ですが、免疫を抑制するためのステロイドの服用は、副作用も強い為かえって体に大きなダメージを与えます。また、化学物質を皮膚に接触させる炎症療法などもありますが、湿疹が広がるなどの副作用が報告されています。一般的に広まる治療方法が大切な子どもに最適なのかどうか、親であるあなただけで判断する事はむずかしいでしょう。

一切の副作用がなく体にダメージがない理学育毛・発毛法を是非大切な子供にはしてあげてください。子供の脱毛症は悪化するのも早いのですが、回復も正しい育毛・発毛処置ならばとても早く発毛します。およそ3ヶ月~6ヶ月で回復しますが、正しい手当てを始めれば直ぐに異常な抜け毛が止まったり、頭皮温が高くなるなど改善して回復の傾向が表れるものです。

ヘアカウンセリングの用紙をダウンロード

不安なお気持ちは十分理解していますので安心してご相談ください。電話でのお問い合わせも対処致します。

脱毛症の原因の検査

お問い合わせ 営業時間外はネット予約で24時間受付中!

大切な自分の美しい黒髪と健康を守りましょう!!

・安心の育毛サロンの紹介

>>詳細はこちら

Profile プロフィール

写真

「最新育毛・発毛」理学博士伊藤勝文

PAGE TOP